《レッド・リブート/Red Reboot》

カウンター罠
このカードはLPを半分払って手札から発動する事もできる。
(1):相手が罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。
その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場したカウンター罠。
 ライフポイントを半分払う事で手札から発動できる発動条件、相手の罠カードの発動を無効にしセットする効果、相手がデッキから罠カード1枚をセットできる効果、ターン終了時まで相手の罠カードの発動を封じる効果を持つ。

 罠カードを無効化し、さらに1ターンの間に罠カードを封じこめることができる。
 しかし、無効化した罠カードの再利用を許してしまう上に、相手にデッキから任意の罠カード1枚をセットされるというデメリットがある。
 罠カードを封じている1ターンの間に1ターンキルを決めるか、伏せカードが増えても問題ないほどの制圧を行う、もしくは増える伏せカードを処理できる布陣を組むのが基本となる。

 バウンスを含む単純な伏せ除去や、《トラップ・スタン》などの無効化系カードで大半の罠カードは対策できるので、これらで対策できない罠カードを狙うことになる。
 具体的には伏せ除去では対処できない《次元障壁》などのフリーチェーンや、《拮抗勝負》や《無限泡影》などの手札から発動できる罠カードへの対応力に優れる。
 上記のカードがマッチ2戦目にサイドデッキから投入されることを見越して2戦目から投入するのが良いだろう。

 また、こちらの全体除去に対する相手のカウンターに強い。
 この効果により相手にセットカードを増やされても、逆順処理によって最後に全体除去が通るので問題はない。
 1ターンキルの始動として全体除去を用いるデッキには有力なカードだと言えるだろう。

 現状、発動条件無しで手札から発動できる唯一のカウンター罠である。
 先攻1ターン目で制圧された場合でも、相手の《神の警告》などのカウンター罠をいなして制圧しかえせれば、相手の罠カードが増える欠点も対処できるか。

  • 相手が罠カードをセットする効果を利用する方法もある。
    以下はその一例である。
    ただし、これらのコンボを狙うにしても相手が罠カードを伏せるかは任意であるため若干難しい。
  • 誤作動》とは異なり、セットした状態にするため、ルール上はそのターン中の再発動は不可能。
    もっとも、罠カードの発動を封じる効果が元々あるのであまり気にする必要はない。
  • アニメでは下記の様に【オルターガイスト】使いに対して使われたカードであるが、実はOCGでも【オルターガイスト】には有効なメタとなっている。
    【オルターガイスト】は罠カードの搭載率が高い上に、《オルターガイスト・マルチフェイカー》と相性の良い手札から発動できる罠カードも積まれやすい。
    オルターガイスト・マルチフェイカー》の初動を妨害できればそのターン中の安全が買えるため、展開・制圧する事で先に有利な状況に持ち込める。
  • ダーク・シムルグ》などの効果で「セットできない」状態でもこの効果を発動可能である。
    「その発動を無効にし」以降の処理と任意の処理は空撃ちの判定に引っかからないからである。
    この場合の効果処理はセットできないため、無効にしたカードは墓地へ送られる上、その後のデッキから罠カードのセットも行えない。
  • リブート(reboot)とは、英語で(パソコンなどの)再起動を意味する。
    イラストには赤く光る機械のレバーを操作する腕が描かれているが、危ないところで罠カードをシャットダウン(無効)し再起動(セット)を図るという事だろうか。
    また、「レッド」の由来は罠カードの枠の色が由来の可能性もある。
  • リボルバーのスキル「Storm Access」はライフポイント1000以下の発動条件があるため、重いライフコストは寧ろ相性が良い面もある。

关联卡片

  • 手札から発動可能な罠カード

收录情况

  • FLAMES OF DESTRUCTION FLOD-JP068
  • 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION 20TH-JPC98 Secret,Ultra Parallel

Tag: 《レッド・リブート》 罠 カウンター罠