《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム/Heavymetalfoes Electrumite》

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/炎属性/サイキック族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
Pモンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからPモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの
表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を手札に加える。
(3):自分のPゾーンのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 LINK VRAINS PACKで登場した炎属性・サイキック族のリンクモンスター。
 リンク召喚に成功した場合にデッキからペンデュラムモンスターをエクストラデッキに加える誘発効果、自分フィールドの表側表示カードを破壊してエクストラデッキからペンデュラムモンスターを手札に加える起動効果、自分のペンデュラムゾーンのカードがフィールドから離れた場合にドローする誘発効果を持つ。

 【ペンデュラム召喚】では、ペンデュラム召喚によるエクストラデッキからの特殊召喚が重要なアドバンテージ源となる。
 そのためには、エクストラデッキから特殊召喚できるモンスターの数を増やす必要があり、リンクモンスターによるリンク先の確保が重要となる。
 このカードはリンク素材がペンデュラムモンスター2体とゆるく、リンクマーカーも扱いやすい方向の上、ペンデュラムモンスターをサポートする効果を3つも有しており、【ペンデュラム召喚】系デッキ全般と相性が良い。
 ある程度ペンデュラムモンスターを使うデッキであれば必須カードと言っても過言ではない。

 自身の属するカテゴリデッキである【メタルフォーゼ】では、エクストラデッキからペンデュラム召喚に加え融合召喚も行うため、このカードが大いに活躍する。
 リンクモンスターであるため受けられるメタルフォーゼサポートは少ないものの、メタルフォーゼとして融合素材に利用できる事はうまく活用したい。
 なおメタルフォーゼは炎属性統一なので、このカードと同じリンクマーカーを持ち炎属性を全体強化する《ドリトル・キメラ》や、サーチ能力と相手の墓地の炎属性モンスターの蘇生ができる《灼熱の火霊使いヒータ》も出しやすい。
 【メタルフォーゼ】で使う場合には下準備の段階ではこちらを、全体の攻撃力底上げには《ドリトル・キメラ》を、《灰流うらら》や《転生炎獣アルミラージ》等を奪って利用できそうなら《灼熱の火霊使いヒータ》と、状況に応じて使い分けられれば望ましい。

 (1)はエクストラデッキにペンデュラムモンスターを加える効果。
 デッキから直接ペンデュラム召喚先を確保でき、サーチしづらいペンデュラムモンスターもペンデュラム召喚しやすくなる。
 (2)の効果で手札に加える対象を用意することにも使える。

 (2)は自分フィールドのカード1枚を破壊してエクストラデッキからペンデュラムモンスター1枚を手札に回収する効果。
 メタルフォーゼ共通のペンデュラム効果と異なり、破壊後に回収を行うため、破壊をトリガーとする「時の任意効果」はタイミングを逃す。
 それでも不要なカードをペンデュラムモンスターに変換でき、「場合の任意効果」とのコンボが可能。
 ペンデュラムゾーンのカードを破壊し、(3)の効果に繋ぐのもいい。
 破壊したのがペンデュラムモンスターならそのまま回収することも狙える。

 (3)はペンデュラムゾーンのカードがフィールドを離れた場合に1枚ドローする効果。
 ボード・アドバンテージの損失を埋められる。
 相手による除去の他、《黒牙の魔術師》などの自壊もトリガーとなりアドバンテージの確保も狙える。
 デッキバウンスを受けた場合にも発動できる。
 エクストラデッキに行った場合は、リンク先にペンデュラム召喚すればアフターケアもしやすい。
 ただし「フィールドから離れる」がトリガーであるため、ペンデュラムゾーンから《ペンデュラム・スイッチ》で特殊召喚した場合は発動することが不可能である。

 3つの効果それぞれは連動しており、相乗効果で大きなアドバンテージとなる。
 (1)の効果でエクストラデッキに送った後に、(2)の効果でそのペンデュラムモンスターを手札に加えれば実質的にサーチと同等となる。
 エクストラデッキを経由してから手札に引き込むため、定番メタカードである《灰流うらら》が刺さらないのも大きな利点といえる。
 更に(2)の効果で破壊するカードをペンデュラムゾーンのカードにすれば(3)の効果でドローもできる。
 (2)の効果で破壊したフィールドのペンデュラムモンスターをそのまま回収することも可能である。
 《EMドクロバット・ジョーカー》や《調弦の魔術師》を再利用すれば大きなアドバンテージを得られるだろう。

 しかし、同時に大量展開の起点になるマストカウンターとして、カウンター罠などで止められる可能性も高い。
 手札誘発に関しては《灰流うらら》が(3)に効く程度だが、やはり展開を狙うため《増殖するG》でドローされる可能性は高い。
 リンク素材を揃えて出す過程でも《原始生命態ニビル》の特殊召喚条件を満たしやすい。

  • 【メタルフォーゼ】は元々ペンデュラム召喚と融合召喚を得意とするデッキだった。
    しかし新マスタールールにより融合モンスターとエクストラデッキから特殊召喚されるペンデュラムモンスターを複数並べる事が難しくなったため、それを受けての強化なのだろう。
    • もっとも、効果自体はメタルフォーゼではなくペンデュラムモンスターサポートなので、【メタルフォーゼ】だけでなく【ペンデュラム召喚】全体に恩恵がある。
      この点は、同パックで登場し【クリストロン】だけでなく【シンクロ召喚】全体を強化した《水晶機巧−ハリファイバー》と境遇が似ている。
  • 新マスタールールで大きく弱体化した【ペンデュラム召喚】だが、このカードの登場を境に再び力を取り戻すようになった。
    しかし【魔術師】が長期に渡って環境で活躍した事もあり、18/07/01にて制限カード指定を受ける事となった。
    • TCGでも18/09/17に同じく制限カードに指定された。
      その後も【ペンデュラム召喚】系統のデッキはしばしば環境に顔を出しており、特に【エンディミオン】が活躍したことを受けてか、20/01/20に更に厳しい禁止カードに指定された。
  • 「Electrum(エレクトラム)」は「琥珀金(銀を20%以上含有する金)」のことである。
    この名称は《E・HERO エリクシーラー》の英語名にも使われている。
  • ヘビーメタルは音楽ジャンルの名称にもあるが、他のメタルフォーゼの名前を考えると「重金属(おおむね、鉄より比重の値が大きい金属の事)」が由来だろう。

关联卡片

  • メタルフォーゼ

―イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【ペンデュラム召喚】
    • 【メタルフォーゼ】
    • 【魔術師】

收录情况

  • LINK VRAINS PACK LVP1-JP086 Super

FAQ

(2)の効果について

Q:既にエクストラデッキに表側表示で《アストログラフ・マジシャン》が存在します。
  (2)の効果でフィールドの任意の表側表示のカードを破壊し、《アストログラフ・マジシャン》を手札に加えました。
  手札に加わった《アストログラフ・マジシャン》を自身の(1)の効果で特殊召喚できますか?
A:はい、可能です。(17/11/26)

Q:(2)の効果でフィールドの《アストログラフ・マジシャン》を破壊してエクストラデッキに送り、そのまま《アストログラフ・マジシャン》を手札に加えました。
  手札に加わった《アストログラフ・マジシャン》を自身の(1)の効果で特殊召喚できますか?
A:はい、可能です。(17/11/26)

Q:(2)の効果でペンデュラムゾーンの《解放のアリアドネ》を破壊してその破壊した《解放のアリアドネ》を手札に加えた場合、このカードの(3)の効果及び《解放のアリアドネ》のモンスター効果はそれぞれ発動できますか?
A:このカードの(3)の効果は発動しますが、《解放のアリアドネ》のモンスター効果は発動できません。(17/12/29)


Tag: 《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 炎属性 サイキック族 攻1800 メタルフォーゼ