PSY(サイ)フレームロード・Ω(オメガ)/PSY-Framelord Omega》

シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星8/光属性/サイキック族/攻2800/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選び、
そのカードと表側表示のこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで表側表示で除外する。
(2):相手スタンバイフェイズに、
除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードと墓地のこのカードをデッキに戻す。

 ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ−で登場した光属性・サイキック族のシンクロモンスター。
 メインフェイズに自身と相手の手札1枚を一定期間だけ除外する誘発即時効果、相手スタンバイフェイズに除外されているカード1枚を墓地に戻す誘発効果、墓地に存在する場合に他の墓地のカード1枚とこのカードをデッキに戻す起動効果を持つ。

 (1)の効果は、お互いのメインフェイズに自身と相手の手札1枚を次の自分スタンバイフェイズまで除外する効果。
 《ヴェルズ・サンダーバード》等と同様に自身を除外できるため、メインフェイズ中の除去効果を回避できる上に、相手の手札を表側表示で除外するため、一時的なハンデスとピーピングも行える。
 ただし、相手の手札が0枚の場合は発動できず、メインフェイズ以外の除去は回避できない。
 相手のサーチに合わせれば《M・HERO ダーク・ロウ》じみた使い方もできる。

 (2)の効果は、相手スタンバイフェイズに除外されているカード1枚を持ち主の墓地に戻す効果。
 相手の除外されているカードも墓地に戻すことができるが、基本的に自分のカードを墓地に戻すことになる。
 効果が発動するタイミングは遅いものの、カードの種類を問わずに除外されたカードを墓地に戻すことができるので、裏側表示で除外されたカードの再利用も可能となる。
 墓地コストを必要とするカードとは相性が良く、《馬頭鬼》や《ブレイズ・キャノン・マガジン》等を戻せば、再び効果を発動できる。
 また、墓地で効果を使った《仁王立ち》を戻せば(1)の効果と合わせて毎ターン相手の攻撃を封じるロックが完成する。
 汎用性の高いカードでは《強欲で貪欲な壺》とも相性がよく、除外された数多のカードの中からピンポイントで墓地に戻すことができる。

 (3)の効果は、墓地に存在する自身と墓地の任意のカードとをそれぞれデッキに戻す効果。
 戻せる枚数が1枚と少なく相手の効果にチェーンして発動することはできないが、墓地アドバンテージを重視するデッキの妨害はできる。
 それ以外のデッキでも特に邪魔にならず、蘇生・帰還で再利用する予定が無いなら適当なカードを戻してしまっても良い。
 もちろん無理に相手に打たずとも、自分のペンデュラムモンスターや/バスターのようなデッキにあった方がいいカードを戻しても良い。
 除去されてもエクストラデッキに回収できるため何度でもシンクロ召喚でき、副次的ではあるがこの効果が有利に働くこともある。
 ほか、《轟雷帝ザボルグ》等で直接墓地へ送る事でこの効果を直接利用するのも良い。
 墓地に残らないことから、種族統一デッキに採用しても《一族の結束》を阻害しない。

 シンクロ素材に制限は無く、攻撃力も最上級モンスターとしては十分な数値だが、いずれの効果も効果的に使用するには他のカードによる支援が必要になる。
 コンボの補佐として一部のデッキでは重要なポジションを得られるカードと言える。

  • 能動的に一時的な除外ができるので、自分のリンク先・エクストラモンスターゾーンを空けて次のシンクロモンスターを出す枠を用意できる。
  • (1)の効果で除外された後の戻ってくる処理は「特殊召喚」ではなく「除外から戻す」であり、チェーンブロックを作らない。
    そのため、《神の警告》などのカウンター罠によって無効化されたり、《奈落の落とし穴》などを発動されることはない。
    • 相手の手札とこのモンスターを除外した時、元の相手の手札が除外状態から墓地に移動した場合でもこのモンスターは戻ってくる。
      逆に、戻す際自分のメインモンスターゾーンに空きがない場合、このモンスターは墓地に行き、元の相手の手札だけが除外状態からあるべき場所へ戻る。
    • ファントム・オブ・カオス》が《PSYフレームロード・Ω》の効果を複製し(1)の効果を発動した場合について。
      この場合、相手手札のみが戻り《ファントム・オブ・カオス》は除外されたままになる。
  • このカードの(1)の効果は、相手の手札が1枚以上ないと発動できない。
    相手ターン中は、フェイズ開始時の優先権が相手にある点に注意。
    相手の手札が1枚だけの場合、相手がメインフェイズ1開始時にその手札を召喚・発動・セット等すると、このカードは(1)の効果が使えなくなる。
    2枚以上の手札がある場合も、メインフェイズ開始時に発動したカードの手札コストで手札が0になった場合や、メインフェイズ開始時に手札すべてをペンデュラム召喚した場合などは(1)の効果が使えなくなる。
  • 不知火の隠者》1枚からシンクロ召喚でき、キーカードの《馬頭鬼》を毎ターン墓地に戻す態勢を整えられることから、【シンクロダーク】・【シンクロアンデット】・【不知火】等では極めて重要なカードとなっている。
    手順については《不知火の隠者》のページを参照。
  • (1)の効果を使った場合に、除外された時に効果が発動するカードを除外すると逆に自分の首を絞めることになる。
    【不知火】・【メタファイズ】・【サンダー・ドラゴン】と少しずつ数が増えて来ているため、前ほど気軽に使える効果ではなくなっている。
  • シンクロ素材に縛りがない事もあり、【シンクロダーク】の様な高速でシンクロ召喚を行うデッキでは序盤にこのカードを3枚並べて(1)の効果を連発する戦術が流行した。
    あまりにも逆転困難かつゲーム性を損なう戦法を問題視されたためか、同デッキの規制の一環として2016/10/01に制限カードに指定された。
    結果として、【PSYフレーム】そのものもとばっちりを受ける形になってしまった。

关联卡片

  • PSYフレーム

―《PSYフレームロード・Ω》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【PSYフレーム】
  • 【不知火】
  • 【シンクロアンデット】
  • 【シンクロダーク】
  • 【インフェルノイド】

收录情况

  • ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ− SPHR-JP035 Secret
  • RARITY COLLECTION −20th ANNIVERSARY EDITION− RC02-JP025 Super,Secret,Collectors
  • LINK VRAINS PACK 2 LVP2-JP087 Rare

FAQ

(1)の効果について

Q:効果処理時に相手の手札が0枚になった場合、このカードを除外する処理は行いますか?
A:いいえ、行いません。(15/08/16)

Q:効果処理時にこのカードがフィールドに表側表示で存在しなくなった場合、手札を選ぶ処理と除外する処理は行いますか?
A:いいえ、行いません。(15/08/16)

Q:《天帝アイテール》の相手ターンに召喚する効果にチェーンして、このカードの(1)の効果を発動しました。
  除外する手札を選ぶ時、効果を発動した《天帝アイテール》は公開されたままですか?
A:どのカードが発動した《天帝アイテール》か分からない状態でランダムに除外するカードを選びますが、除外されたカードが発動した《天帝アイテール》かどうかは分かるようにしておく必要があります。(16/04/18)

Q:《死者蘇生》で相手墓地の《PSYフレームロード・Ω》を自分フィールドに特殊召喚し、(1)の効果を発動しました。
  除外から戻すとき、コントロールはどうなりますか?
A:自分のフィールドに戻り、そのまま自分がコントロールしたままとなります。(16/11/30)

(2)の効果について

Q:除外されている自分の《スキル・プリズナー》を自分の墓地に戻した場合、墓地に戻した《スキル・プリズナー》をそのターンに発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/08/27)

Q:裏側表示で除外されているカードを対象にできますか?
A:はい、できます。
  この場合、裏側表示のカードは墓地へ戻りますが、戻る際には表向きとなります。(15/09/20)

(3)の効果について

Q:効果処理時に墓地にこのカードが存在しなくなった場合、対象に選択した墓地のカードはデッキに戻りますか?
A:いいえ、戻らず墓地に残ったままになります。(15/08/16)

Q:効果処理時に対象に選択した墓地のカードが墓地に存在しなくなった場合、このカードはデッキに戻りますか?
A:いいえ、戻らず墓地に残ったままになります。(15/08/16)


Tag: 《PSYフレームロード・Ω》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星8 光属性 サイキック族 攻2800 守2200 PSYフレーム