《トロイメア・ユニコーン/Knightmare Unicorn》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻2200
【リンクマーカー:左/右/下】
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):自分ドローフェイズの通常のドローの枚数は、
フィールドに相互リンク状態の「トロイメア」モンスターが存在する限り、
その「トロイメア」モンスターの種類の数になる。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した闇属性・悪魔族のリンクモンスター。
 リンク召喚に成功した場合にフィールドのカード1枚をデッキバウンスし、特定条件下でドローできる誘発効果、自分の通常のドローの枚数を相互リンク状態のトロイメアモンスターの種類の数にする永続効果を持つ。

 リンクマーカーは左右と下方向を持つため、エクストラモンスターゾーン・メインモンスターゾーンのどちらに出しても利用できる柔軟性が利点。
 ただ、(2)の効果を考えるならばメインモンスターゾーンに出した方が恩恵が大きいか。

 (1)はフィールドのカード1枚をデッキへバウンスする効果。
 カードの種類や表裏も関係なく除去できる。
 ただし、リンク3という点に加えて手札コストがあるために消費が激しく、破壊するだけならリンク2の《トロイメア・フェニックス》などの方が軽い。
 デッキへのバウンスを行うならサーチ手段の乏しい魔法・罠カードを狙いたいところ。

 (2)の効果は通常のドロー枚数を増やす効果。
 複数のトロイメアを出し、なおかつ相互リンクを維持する必要はあるが、蘇生を駆使すれば複数体揃えるのは難しくない。
 ただし、この効果でドローできるのは展開後の次の相手ターンをしのいだ後になる。
 高速化する環境において1ターンのラグは結構大きく、そうまでしてドローを狙うくらいなら攻め切った方が良いというパターンも少なくない。
 そのため、相手のエンドフェイズでの蘇生を行い、相互リンクを成立させるなどの手も考慮しておく必要がある。

 変わった所では素材縛りが緩いリンク3である点から《天魔神 ノーレラス》の召喚条件に貢献させてみるのも良いだろう。
 闇属性・悪魔族であり、単体で見ても汎用性が高いため無理も生じにくい。
 その他素材は一度にデッキからリクルートできる《レスキューフェレット》が狙い目か。

  • (2)の効果は、相互リンクしているトロイメアが居なければ適用されないので、この効果によって通常のドローが0枚になることはない。
    また、「モンスターの数」ではなく「モンスターの種類の数」なので同名カードは1種類とカウントされる点は覚えておきたい。
    そのため、この効果でドローできる最大枚数は6枚である。
  • 「ユニコーン(Unicorn)」に関しては《サンライト・ユニコーン》を参照。
    トロイメアリンクモンスターは、いずれも七つの大罪に関連付けられている架空の動物をモチーフとしており、ユニコーンは「憤怒」と関連付けられている。
  • イラストは黄色で光属性のような印象を受けるが闇属性である。
    一方で、《トロイメア・グリフォン》は紫色だが光属性である。
  • 背部の構造物は、《黄華の機界騎士》の翼のような部位に似ている。
    また、胸のあたりにはジャックナイツの紋章が確認できる。
  • 顔の上半分を覆っているマスクは演奏記号のセンツァに似たデザインをしている。
    センツァは「拍にとらわれず自由に」を意味し、拍子を定める記号をデザインに持つ《トロイメア・グリフォン》とは対称的である。

关联卡片

  • トロイメア

―イラスト関連

―《トロイメア・ユニコーン》の姿が見られるカード

收录情况

  • FLAMES OF DESTRUCTION FLOD-JP047 Super,Secret

Tag: 《トロイメア・ユニコーン》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク3 闇属性 悪魔族 攻2200 トロイメア