剣闘海戦(グラディアルナウマキア)/Gladiator Naumachia》

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、自分フィールドに「剣闘獣」モンスターが存在する限り、
攻撃可能な相手モンスターは攻撃しなければならない。
(2):1ターンに1度、自分の手札・墓地から「剣闘獣」モンスター1体をデッキに戻し、
自分フィールドの「剣闘獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで元々の守備力分アップする。
(3):魔法&罠ゾーンのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
このターン、自分の「剣闘獣」モンスターは戦闘では破壊されない。

 CHAOS IMPACTで登場した永続罠。
 相手に攻撃を強制する効果、剣闘獣を強化する効果、魔法&罠ゾーンで破壊された場合に剣闘獣に戦闘破壊耐性を付与する効果を持つ。

 (1)は攻撃の強制。
 相手が劣勢時に攻撃を渋るといった事態を無くすことができる。
 攻撃対象を自由に選べる《剣闘獣ドミティアノス》との相性は抜群であり、相手のモンスターを全滅させることも難しくない。
 相手はバトルフェイズに入る前に守備表示にすれば回避できるため、このカードを発動するならバトルフェイズ開始時にしたい。

 (2)は手札・墓地の剣闘獣をデッキに戻すことで、フィールドの剣闘獣を自身の元々の守備力分強化する効果。
 (1)の効果により戦闘を強制できるので、この効果で返り討ちにできる。
 ただ、メインデッキのモンスターの守備力は《剣闘獣ホプロムス》・《剣闘獣アトリクス》を除いておおよそが1000〜1200程度で、強化後に3000を超える下級モンスターは《剣闘獣アンダル》と《剣闘獣ラニスタ》のみである。
 エクストラデッキのモンスターとの戦闘をこなすにはやや厳しいので、できれば融合モンスターを強化したい。
 融合モンスターは《剣闘獣総監エーディトル》なら5400、《剣闘獣アンダバタエ》なら3800、《剣闘獣ヘラクレイノス》なら5800にまで強化されるため、フィニッシャーにもなる。
 突破できない壁モンスターへの攻撃に使用して、反射ダメージを抑えつつリクルート効果を発動させるといったこともできる。

 (3)は魔法&罠ゾーンで破壊された場合の戦闘破壊耐性の付与。
 1ターンキルを狙う相手が露払いなどで除去してきた際の対策となる。
 効果による除去までは無力なので、あくまで保険と見るのがいいだろう。
 自分から破壊しても発動できるため、《スレイブタイガー》や《剣闘獣アウグストル》で《剣闘獣ベストロウリィ》を特殊召喚してこのカードを破壊することで安全なリクルートを望める。
 破壊された後に召喚したモンスターにも耐性は有効である。

  • 「ナウマキア (naumachia) 」は古代ローマの闘技場で行われた興行。
    闘技場に水を張り、歴史上の有名な海戦を再現したものである。

关联卡片

  • 剣闘獣

―イラスト関連

收录情况

  • CHAOS IMPACT CHIM-JP072

FAQ

(1)の効果について

Q:《毒蛇神ヴェノミナーガ》は攻撃を強要されますか?
A:いいえ、攻撃しないことも選択できます。(19/07/13)


Tag: 《剣闘海戦》 罠 永続罠