(やみ)精霊(せいれい) ルーナ/Luna the Dark Spirit》

特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守1200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):自分スタンバイフェイズに発動する。
相手に500ダメージを与える。

 CHAOS IMPACTで登場した闇属性・悪魔族の特殊召喚モンスター。
 墓地の闇属性モンスターを除外して特殊召喚する召喚条件、自分スタンバイフェイズにバーンを行う誘発効果を持つ。

 闇属性を扱うデッキにおいては、コストから各種素材まで広い範囲で活躍できる。
 《闇次元の解放》のような帰還とも相性がよい。
 墓地の闇属性を調整して、《ダーク・アームド・ドラゴン》や《闇霊神オブルミラージュ》に繋げるのもいい。

 効果は自分スタンバイフェイズのバーンだが、耐性もない下級モンスターが相手ターンを生き残る可能性は低く、ダメージの数値も高くない。
 蘇生制限を満たせば《戦線復帰》等で蘇生できるが、同タイミングで発動する《ボーガニアン》以下である500ダメージだけにカード1枚を使うまでかは微妙なところ。
 やはり緩い召喚条件を活かした素材としての活用がもっとも輝くだろう。

 競合先としては同レベルで同じ召喚条件を持つ光属性の《輝白竜 ワイバースター》が存在する。
 あちらは対になる《暗黒竜 コラプサーペント》をサーチ可能なのでアドバンテージを得る能力で勝る。
 こちらは同名カードを含めた特殊召喚制限が無く、自身も闇属性なので属性サポートを共有できる点で優れる。
 特に、《黒き森のウィッチ》はこのカードをサーチした上で、特殊召喚のコストとなるので相性が良い。
 純【闇属性】や【悪魔族】では受けられるサポートの数で勝るこちらの方が使いやすいと言えるか。

  • 異次元の偵察機》を除外すれば、エンドフェイズに帰還する。
    ただし、そのままでは攻撃の的になるだけなので、サポートは必須。
  • 「ルーナ、ルナ(Luna)」とは、ローマ神話に登場する月の女神。
    ディアーナと同一視された影響により、自身の神話などは作られなかった。
  • このカードの登場により、精霊シリーズは18年の時を経て6属性が揃う事になった。

关联卡片

  • 精霊

收录情况

  • CHAOS IMPACT CHIM-JP027

Tag: 《闇の精霊 ルーナ》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1600 守1200