八汰烏(ヤタガラス)/Yata-Garasu》

スピリットモンスター(禁止カード)
星2/風属性/悪魔族/攻 200/守 100
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた場合、
次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した風属性・悪魔族の下級スピリットモンスター。
 スピリットモンスター共通の召喚条件・誘発効果と、戦闘ダメージを与えた場合に次の相手のドローフェイズをスキップする誘発効果を持つ。

 OCGの根本の1つである『ドロー』を潰す能力を持つ、遊戯王OCG史上でもトップクラスの凶悪さを誇るカードの1つ。
 何の抵抗もできない状態でこのモンスターに攻撃されると、事実上全ての行動を封じられるのと同じ事になる。
 ハンデスや全体除去を組み合わせた運用が非常に有名だが、ドローロックは一度受けただけでも致命傷となることが多いため、そこまでできなくても一度の攻撃が決まりさえすればかなりの影響を与えられる。

 欠点は、このカード自身が「スピリットモンスター」であるためにあらゆる特殊召喚が不可能な事。
 墓地に落とされた場合は《死者転生》等のサルベージ系以外に回収方法がなく、出すタイミングを考える必要がある。
 だが、逆に言えば相手ターンに《サンダー・ボルト》等のモンスター除去を受けず、戦闘破壊される事もないため、ある意味ではスピリットである事がこのカードの凶悪さに拍車をかけていたとも言える。
 また、戦闘を介する必要がありながらステータスが低いため、直接攻撃でもなければまず効果は使えず、相手フィールドにモンスターが存在していると単独では手が出せなくなる。
 しかし、直接攻撃できる状況を構築できる全体除去は豊富に存在しているため、実際の運用に際してはこの点よりもこのカードを手札に引き込むことの方が課題になるだろう。

 現在のカードプールでは墓地で発動する効果の増加や、手札誘発の増加により全体除去を通しても効果が通る可能性は低くなった。
 しかしドローロックが強力であるという点は変わらず、専用のコンボデッキを組めばその凶悪さを遺憾なく発揮するだろう。

  • このカードの登場後、《フェンリル》等の類似したドローロック効果を持つカードが登場している。
    フェンリル》等のモンスターの場合は攻撃を介しつつ様々な条件付けがなされ、魔法・罠カードの場合は使いきりである。
  • 後に《ネクロ・ガードナー》等、墓地から効果を発揮する事でこのカードの直接攻撃によるロック完成を阻止できるカードも登場した。
    しかし、そうして時間を稼いでもドローしたカードで攻撃を防げなければ時間稼ぎにしかならず、このカードの凶悪さは今尚健在と言えるだろう。
    また、通常召喚の機会を残したままに敵の手札・フィールドを破壊できるモンスターも増加している。
  • 海外版ではシークレットレアに格上げされて登場している。
  • このカードが禁止カードに指定された後、《八汰烏の骸》が登場した。
    このカードによるロックから抜け出せるドロー効果を持っているが、ノーリミットデュエルでもなければ、実際に対策として使用する機会はない。
  • 登場直後の2002/01/01にて制限カードになり、その後の2004/03/01で禁止カードに指定された。
    禁止カードの制度が発足されてからすぐにその一員となり、その後1度も制限復帰されていない。
    19/04/01に《サンダー・ボルト》が制限復帰されたため、現在では禁止カード指定期間単独1位記録となっている。
  • 2019年7月26日に行われた「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」第2期投票では第10位にランクインした。
  • 八咫烏(ヤタガラス)」とは、神武天皇の東征時に山中で迷っていた軍勢を先導し、勝利へと導いた烏である。
    天照大御神(アマテラスオオミカミ)の使いたる賀茂建角身命(カモタケツヌミノミコト)の化身した姿であり、本来の姿ではない。
    他のモンスターのイラストを鑑みるに、この烏が乗っているのは天皇家伝来の3種の神器の1つ・八尺瓊勾玉(ヤカサニノマガタマ)かもしれない。
  • なお、伝承のヤタガラスは脚が3本あることで有名だが、このイラストでは1本しか確認できない。
    アニメDMで登場した時のソリッドビジョンでは3本脚になっており、後述の《メビウスの大河》のイラストでは2本なので、脚は任意で収納できるのだろうか。
  • モチーフは「烏」であり、かつ太陽神の使いであるにもかかわらず、悪魔族である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」における「遊戯vs乃亜」戦にて乃亜が使用。
    残りライフ200の遊戯に止めを刺すモンスターとして召喚されたが、《天界王 シナト》で《翻弄するエルフの剣士》を戦闘破壊できず、ただ召喚されただけに終わっている。
    • 同じく「乃亜編」で登場したビッグ1は、召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に同様の効果を発動する《ヨーウィー》を使用している。
  • アニメGXの「翔&剣山vs氷丸&雷丸」戦に登場した永続罠《メビウスの氷河》に描かれている。
    《メビウスの氷河》は特定の種族が効果を受けるが、《八汰烏》が属する悪魔族はその影響を受けない。
  • ZEXALII(セカンド)に登場したハートランド学園サッカー部の部長の名前が「八咫烏」である。
    サッカー日本代表のシンボルがこの「八咫烏」である事も、名前の由来となっているのだろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    エキスパート2006以降のゲーム作品では、相手の手札とフィールドのカードが0枚の時に《八汰烏》で攻撃した場合、何とCPUがデッキ枚数に関係なく、サレンダーする。
    そして「《八汰烏》によるロックで勝利した」というこのカード専用のボーナスもあり、TAG FORCEではこのコンボを成立させる事が目的のチャレンジまで存在している。

关联卡片

  • スピリット

―《八汰烏》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【八汰ロック】

收录情况

  • Mythological Age −蘇りし魂− MA-17
  • DUELIST LEGACY Volume.5 DL5-058 N-Rare
  • BEGINNER'S EDITION 2 BE2-JP177
  • BEGINNER'S EDITION 2(第7期) BE02-JP143

Tag: 《八汰烏》 モンスター スピリットモンスター 効果モンスター 星2 風属性 悪魔族 攻200 守100 特殊召喚不可