星遺物(せいいぶつ)(みちび)(さき)/The World Legacy》

永続魔法
(1):「星遺物の導く先」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):フィールドのレベル5以上の表側表示モンスターが墓地へ送られる度に、
1体につき1つこのカードにカウンターを置く(最大7つまで)。
(3):カウンターが7つ置かれているこのカードを墓地へ送って発動できる。
EXデッキからサイバース族リンクモンスター1体を特殊召喚する。

 CHAOS IMPACTで登場した永続魔法。
 同名カードの存在を制限する効果、レベル5以上のモンスターが墓地へ送られる度にカウンターを置く効果、カウンターが乗った自身を墓地へ送ることでサイバース族リンクモンスターを特殊召喚する効果を持つ。

 カウンターを置く条件は自分・相手を問わないが、相手依存で7つ貯めるのはまず期待できないので自分から能動的に条件を満たす必要がある。
 1体につき1つと効率自体は良いが、レベル5以上のモンスターをフィールドから7体墓地へ送るのは相応の消費がかかる。
 《D−HERO ディアボリックガイ》なら2体分を賄え、《星杯の神子イヴ》もフィールドから墓地へ送ること前提なので、動きは多少複雑化してもこれらを組み合わせれば1ターンで達成することもあり得る。
 ジャックナイツや壊獣でもカウンターを載せやすい。
 未界域ならレベル5以上をフィールドに出しやすく、リンク素材として墓地へ送ることも多いので相性が良い。

 条件を満たした場合、サイバース族リンクモンスター1体を出すだけなので初めからそのモンスターを特殊召喚した方が良い様に見える。
 ただ、1枚で高リンクを狙えることになり、制圧を狙える。
 とはいえ、星遺物サポートカードに対応していても、単体では役に立たないため、このカードを優先できるかと問われると難しい。

 永続魔法なのでジャックナイツとシナジーがあり、《星痕の機界騎士》や《双穹の騎士アストラム》など特殊召喚する候補となるリンクモンスターも存在するので【ジャックナイツ】に採用を検討できる。

  • 「7つ」という数は、《星杯に選ばれし者》のフレイバー・テキストに記された星遺物の数になぞらえているのだろうか。
    星遺物そのものではない《星遺物の守護竜メロダーク》と、新たに生まれたと思われる《星遺物−『星鍵』》を除くと7つになる。
    また、星遺物モンスターはその《星遺物−『星鍵』》以外の全てが、(2)の効果を満たすレベルを有している。
    さらに、星遺物にまつわるストーリーに登場するリンクモンスターにはサイバース族であるものが複数存在している。
  • カード名は《星遺物が導く果て》を意識しており、フィールドに1枚しか存在できない永続魔法という点では共通している。
  • 2019年9月に公式データベース行われた「デュエリストカードプロテクター」のデザインを決定する投票企画では「魔法・罠カード部門」で2位を獲得し、このカードの図柄のプロテクターの商品化が確定した。

关联卡片

  • 星遺物

―イラスト関連

收录情况

  • CHAOS IMPACT CHIM-JP061

Tag: 《星遺物の導く先》 魔法 永続魔法 星遺物