(かみ)宣告(せんこく)/Solemn Judgment》

カウンター罠(準制限カード)
(1):LPを半分払って以下の効果を発動できる。
●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

 Vol.6で登場したカウンター罠。
 モンスターの召喚・反転召喚・条件による特殊召喚及び魔法・罠カードのカードの発動のいずれかを無効にして破壊する効果を持つ。

 広い対応範囲を持つカウンター罠であり、大抵の行動は妨害できる。
 モンスター効果は止められないが、手札誘発・墓地誘発等を除き召喚行為自体を無効にすることで殆どの局面に対応できる。
 ライフコストは少なくないが、カード・アドバンテージを損なわないためその後の自分の展開を犠牲にすることが無い。
 そもそも相手の展開を許してしまうとこのカードのライフコスト以上のダメージを受ける・敗北に直結する場面も少なくないため、ライフコストを惜しまず発動したほうが大抵の局面で有利である。
 使い所を誤らなければ相手に相応の痛手を与えることができ、デッキを問わず採用できるカードといえる。

 ライフコストについては固定値ではないため、ライフが多い序盤ほどコストが重く、終盤になりライフが減るとコストが軽くなるという特性がある。
 マストカウンターに対しては序盤からライフ4000を払うという選択肢も考えられる。
 しかし、その場合はその後ラッシュを1回通されただけで負ける状況になり、別のマストカウンターが増える事も考えられる。
 いずれにせよ脅威となるカードをピンポイントで止めなければならないので、発動するタイミングの見極めが重要となる。
 ライフコストを必要とする《コズミック・サイクロン》・サイキック族モンスターや、ダメージを受ける契約書等とは共存しにくい。

 役割の似たカードとして、《神の警告》と《神の通告》が挙げられる。
 対応範囲はそれぞれ微妙に異なるが、このカードは準制限カードということもあり、競合というよりはセットで採用されることが多い。
 このカード固有の利点としては魔法カードの発動を無効にできる点が挙げられる。
 魔法カードを無効にできるカードは発動条件を要求したり、カード・アドバンテージを損なうものが大半であり、汎用性が高く1:1交換できるカードは現状このカードのみと言ってもいい。
 環境に魔法カードをキーカードとするデッキが多ければ優先採用してみるのもいいだろう。

  • 当然ながらバーンデッキ、特に【フルバーン】では相手のバーンを助けているようなものなので戦いにくい相手である。
    しかし、終盤にライフが減ればそれだけコストは軽くなっていき、《魔法の筒》のような1枚で大ダメージを叩き出すカードもあるので、ダメージを減らせる状況もある。
    【チェーンバーン】ではカウンター罠であるこのカードを相手のチェーンの間に挟むことでチェーンを断ち切ることができる。
    バーンデッキを相手にする時はいつも以上に発動タイミングに注意し、上手く使っていきたい。
  • このカードで無効にできる特殊召喚は条件による特殊召喚だけである。
    発動したカードの効果による特殊召喚(《死者蘇生》、儀式魔法、《融合》等)はこのカードで特殊召喚自体を無効にすることはできない。
    これらの場合、魔法・罠カードの「カードの発動を無効にする」ことで対処することになる。
    モンスター効果を発動して行う特殊召喚は、直接的には対応できないため、実戦においては出される前に召喚行為自体を無効にすることになる。
    詳しくは特殊召喚のページを参照。
    • 墓地に存在する《破壊剣の追憶》や既に表側表示で存在する《神の居城−ヴァルハラ》等の魔法・罠カードの「効果の発動」による特殊召喚にも対応できない。
      グローアップ・バルブ》等の墓地発動のモンスター効果も召喚無効で対応できないため、実質的に対処できないことになる。
      このため、このカードだけでは対処できない状況も起こりうる。
  • 対象のプレイヤーは相手に限定されておらず、自分のカードに対しても発動可能である。(FAQ参照)
    自分のモンスターに対して発動すれば、能動的にそのモンスターを墓地へ送ることができる。
    一見あまり意味のないことのように思えるが、墓地にいたほうが都合のいいモンスターや、《エクリプス・ワイバーン》などの墓地へ送られて効果を発動するモンスターに対しては、状況次第ではこのカードを発動するのもひとつの手である。
    他にも《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》や《ダーク・アームド・ドラゴン》などを特殊召喚する際、墓地のモンスターの数を増やす手段としても使うことができる。
    無論、決して少なくないライフロスはあるが、決めの一手としてこのような使い方ができることも覚えておいて損はないだろう。
  • 自爆スイッチ》などの一部のカードを発動するためにライフを減らす目的で使うこともできる。
    茫漠の死者》や《活路への希望》など、ライフが少ない方が有効なカードとの相性もいい。
  • かつては「デッキに採用する場合、なるべく3枚フルに投入するのが望ましい」とよく言われていた。
    2枚目、3枚目と発動するごとに必要なライフコストが少なくて済むためである。
    シンクロモンスターの登場後は、それらと相手の《神の宣告》へのメタとして多数のデッキで3枚積むのが当たり前になった。
    そのためか、09/09/01をもって制限カードに指定された。
    これはカウンター罠として初めてである。
  • 制限カードに指定される前に言われていた「3枚積むのが当たり前」という風潮から、制限カードに指定されることで大して使われなくなると予想された。
    だが、1枚でも十分強力だったため、かえって採用率は上昇し、メタ系のデッキのみならずほとんどのデッキに投入されるようになっていった。
    その後もしばらくの間は、《ハーピィの羽根帚》や《ソウル・チャージ》・《励輝士 ヴェルズビュート》などの、多くのデッキに投入されている上に発動を通すと大きなアドバンテージを取られるカードをまとめて対策できるカードとして、高い採用率を保っていた。
  • しかし、第10期頃からは非常に高速な環境になり罠カード全体の採用率が大きく下がったことで、18/04/01にて準制限カードとなった。
    全体的な採用率は大きく下がったが、上述のように現在も【サブテラー】・【オルターガイスト】などの低速タイプのデッキにおいては重要なカードとなっている。
  • 神の警告》を皮切りに、カード名の似たカウンター罠が少しずつ登場している。
  • 海外のみの制限改訂では、13/09/01をもって禁止カードに指定されてしまった。
    同改訂では《大嵐》も禁止カードに指定されているので、相対的に罠カードの重要度が増すことを見越した規制である。
    その結果、当時の海外環境では【罠ビート】等に代表される汎用罠中心の【メタビート】デッキが流行することとなった。
    その後、2018年2月5日にて制限復帰となった。
  • 2009年10月分のVジャンプの冊子には、このカードが収録されたパックが「BE2」ではなく「EE2」と書かれている。
  • イラストには長い髭を生やした白衣の老人という、典型的な「神様」が描かれている。
    この神は一部の堕天使カードや「神の◯告」シリーズなどにたびたび登場しており、このカードを含む「神の◯告」の採用率の高さも相まって目にする機会は多い。
  • 英語名は「Solemn(神聖な) Judgment(裁き)」という意味。
    「神聖」を意味する単語は「Holy」「Sacred」など色々あるが、「Solemn」は宗教上の神聖さを表す単語として使われる。
    「God」が使えない中で、日本語版に近い雰囲気を模索した名訳だろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    「王国編」と「バトルシティ編」の間に当たるアニメオリジナルデュエル「遊戯vsキース」戦においてキースが使用。
    遊戯の《聖なるバリア −ミラーフォース−》を無効化した。
  • 131話の「十代(少年期)vsオサム」戦において、オサムがカウンター罠《パーフェクト・カウンター・コード 123》を使用。
    効果は同じだが、発動条件としてライフコストが必要ない代わりに自分フィールドにレベル1・レベル2・レベル3のモンスターがそれぞれ存在している必要がある。
  • アニメ5D'sの「レクスvsルドガー」戦においてレクスのデッキに投入されているのが確認できる。
    「遊星vsガードロボ」戦ではガードロボが使用。
    ダブル・サイクロン》の発動を無効にし、永続罠《カウンター・フォース》に4つ目のチャージカウンターを乗せる役割を果たした。
    破壊対象を指定する前に発動しているが、実際にはできない。
    また、WRGPにおける「チーム白虎の一人vsゴースト軍団4体」戦では、ゴーストの1体がチーム白虎の《攻撃の無力化》に対して使用している。
    • 前者ではこの時払ったライフコストのために遊星に逆転を許した描写があったが、別に半減しなくても止めはさせた。
      むしろその場しのぎでしかなかった《ダブル・サイクロン》にこのカードを消費してしまい、マストカウンターの《パニック・ウェーブ》を防げなかったことが大きい。
      またこのデュエルは遊星を狙って工場に時限爆弾が仕掛けられており、脱出する遊星とデュエルで勝たない限り脱出を阻むガードロボという構図だった。
      つまりガードロボの役目は勝つことではなく時間を稼ぐことであり自身がとどめを刺すための《カウンター・フォース》を守る必要性が無く、そういう意味でもでもうかつな発動だった。
  • デュエルワンポイントレッスンの龍可によると「スッゴイ有名」なカードらしいが、一方で龍亞はこのカードの事を知らなかったらしい。
  • アニメZEXALのおまけでは、第7期ではなく第3期のものが使用されていた。
    また、アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsアリト」(2戦目)において遊馬が使用したカウンター罠《ラスト・チャンス》のイラストにカードが描かれている。
  • アニメARC-Vのストロング石島のCMで、このカードが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL内のデッキ「アンチ・エフェクト」のアイコンにはこのカードのイラストが使われているが、このカードは入っていない。
    第8弾までの似た内容のデッキ「アンチ・シンクロン」では収録されている。
    また、ADXにおいては特殊コマンドとして登場。
    相手の特殊コマンドの発動を妨害する、そこそこ強力なコマンドである。

关联卡片

  • カウンター罠
  • 神の◯告

―《神の宣告》の「神」がイラストに描かれているカード

  • 神の◯告

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【パーミッション】

收录情况

  • Vol.6 Ultra
  • 鋼鉄の襲撃者−METAL RAIDERS− ME-66 Super
  • DUELIST LEGACY Volume.4 DL4-056 Super
  • BEGINNER'S EDITION 2 BE2-JP073 Super
  • ストラクチャーデッキ−閃光の波動− SD11-JP032
  • ストラクチャーデッキ−帝王の降臨− SD14-JP034
  • GOLD SERIES 2010 GS02-JP018 (Gold)
  • ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ− SD20-JP038
  • BEGINNER'S EDITION 2(第7期) BE02-JP057 Ultra
  • THE GOLD BOX GDB1-JP038 Gold
  • ストラクチャーデッキ−シンクロン・エクストリーム− SD28-JP039
  • GOLD PACK 2016 GP16-JP019 Gold,G-Secret
  • ストラクチャーデッキR−神光の波動− SR05-JP037
  • 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION 20TH-JPC95 Secret,Super Parallel

FAQ

Q:「ホルスの黒炎竜」等のLVモンスターの効果による特殊召喚に対して、このカードを発動できますか?
A:LVモンスター等の「カードの効果による、チェーンブロックを作る特殊召喚」に対しては発動できません。

Q:ライフポイントが1の状態でこのカードを発動できますか?
A:できます。ライフを計算する場合、小数点以下は四捨五入します。
  よって1÷2=0.5となり四捨五入でライフポイントは1、つまり実質ノーコストで発動できます。

Q:召喚を無効にするということは、通常召喚を無効にされた後で別のモンスターを召喚することはできますか?
A:召喚を無効にされても「召喚機会を使用した」事実は残るので、もうこのターンは通常召喚できません。

Q:「《デビルドーザー》など召喚ルール効果の特殊召喚をしようとするタイミング」に、《神の宣告》を発動し、特殊召喚を無効にしようとしました。
  これにチェーン《魔宮の賄賂》をされたので、チェーンでもう1枚の《神の宣告》を発動しようと思います。
  これは特殊召喚を無効にするタイミングと言うことで、あらためてこの《神の宣告》で《デビルドーザー》の特殊召喚を無効にすることができますか?
A:この場合、チェーン3で発動する《神の宣告》は、直前の《魔宮の賄賂》の発動を無効にするためにしか発動することはできません。(08/06/29)
  (《昇天の黒角笛》のページのFAQも参照)

Q:自分の魔法・罠カードのカードの発動、モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にできますか?
A:できます。(09/02/20)


Tag: 《神の宣告》 罠 カウンター罠