水晶機巧(クリストロン)−ハリファイバー》

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

 LINK VRAINS PACKで登場した水属性・機械族のリンクモンスター。
 リンク召喚に成功した場合にレベル3以下のチューナーを特殊召喚する誘発効果、自身を除外してシンクロチューナーをシンクロ召喚扱いで特殊召喚する誘発即時効果を持つ。

 リンク素材はチューナー1体以上を含むモンスター2体となっている。
 通常のシンクロ召喚と同じ要領でリンク召喚できる他、「1体以上」なのでチューナー2体でもリンク召喚可能。
 シンクロ召喚と同じ要領とはいえあくまでリンク召喚であるため、シンクロ素材やシンクロ召喚先の制約は一切無視でき、エクシーズモンスター・リンクモンスターも素材にできる。
 《ジャンク・シンクロン》や《深海のディーヴァ》など、モンスターを並べられる効果を持つチューナーならば素材を揃えやすい。
 更に《ボルト・ヘッジホッグ》などを組み合わせれば、(1)の効果でリクルートしたチューナーと更なるシンクロ召喚が可能。
 《魔界発現世行きデスガイド》や《ドラコネット》でチューナーを特殊召喚するのも良いだろう。

 (1)は、レベル3以下のチューナーを手札・デッキから特殊召喚する効果。
 守備表示で特殊召喚され、そのターンはモンスター効果の発動も行えなくなるが、それでも任意のチューナーを持ってこられる利便性は高い。
 このカードはレベルを持たずシンクロ素材にできないので、シンクロ召喚を行うのであれば他に非チューナーのモンスターを用意する必要がある。
 しかし、このカードとチューナーでリンク3のリンク召喚ができるので、むしろシンクロ召喚の補助よりこちらの目的で使われることのほうが多い。
 リクルート先としては、自己再生効果を持つ《ジェット・シンクロン》や、トークンを出す《幻獣機オライオン》が有力。

 シンクロ召喚の補助として用いるのであれば、他に非チューナーモンスターを用意しておくか、何らかの工夫が欲しい。
 【クリストロン】ならば、クリストロンチューナーは誘発即時効果を持っているので相手ターンで効果が使える。
 《幻影王 ハイド・ライド》ならば(2)の効果で《TG ワンダー・マジシャン》などを特殊召喚することで、他にモンスターがいなくてもシンクロ召喚が可能。
 【ディフォーマー】では、《D・スコープン》を特殊召喚すればレベル4のチューナーとなるので、レベル1・3・4のディフォーマーチューナーを使い分けることが可能。
 効果外テキストはモンスター効果の発動ではないため、《エキセントリック・ボーイ》等をリクルートし、手札のモンスターでシンクロ召喚するといったこともできる。
 シンクロチューナーの《TG ワンダー・マジシャン》を擁する【TG】でも、《TG サイバー・マジシャン》をリクルートして手札シンクロが行える。

 (2)は、自身を除外することでシンクロチューナーをシンクロ召喚扱いで特殊召喚する効果。
 リンク召喚の補助役として使用する場合は使用されない効果だが、シンクロ召喚の補助役として使用する場合は利用価値の高い効果である。
 相手メインフェイズ・バトルフェイズであればチェーン2以降でも発動できるので、サクリファイス・エスケープとして利用できる。
 シンクロチューナーにはシンクロ召喚に成功した場合に誘発効果が発動するものも多いため、うまく活用していきたい。
 効果ダメージにチェーンして発動し、《ライフ・ストリーム・ドラゴン》をこの効果で出すことで、(ライフポイントを4000にする効果はタイミングを逃すが、)効果ダメージを0にする事もできる。
 ライフポイントが減った終盤ではチェーン1で能動的に《ライフ・ストリーム・ドラゴン》を出して安全圏内まで回復するのも良い。
 《源竜星−ボウテンコウ》であれば、相手を牽制した上で竜星をサーチできる。
 また、相手ターンにシンクロ召喚できるシンクロチューナーなら続けてシンクロ召喚が可能。

 素材指定の緩さ、リンク召喚・シンクロ召喚の補助能力、リンクマーカーの方向など、どこを取っても抜群の汎用性を持つリンクモンスターと言える。
 採用率はデッキタイプ問わず非常に高く、シンクロモンスターを全く使用しないにもかかわらず、このカードを使うためだけにチューナーを搭載しているデッキも少なくないほどである。

  • このカードの登場で、【ジャンクドッペル】等のシンクロ召喚が得意なデッキはもちろん、従来あまり縁のなかった【エーリアン】等のデッキでも《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》等をシンクロ召喚しやすくなった。
  • 他にもシンクロンを投入できるデッキなら、《アクセル・シンクロン》のレベル変更効果を活用して、様々なシンクロモンスターをシンクロ召喚できるようになる。
  • 「この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。」というテキストを持つ初めてのカードである。
    超量士レッドレイヤー》がほぼ同じ効果を持っており、このカードも同様に「墓地へ送られた後で発動する効果は有効」という裁定である。
    一度フィールドを離れれば、自由に効果を使うことができる。
  • リンク素材に「〜を含む」と記述される初めてのリンクモンスター。
    従来のリンクモンスターはいずれも同じ条件や、逆に異なる種族等を指定されていた。
  • 緩いリンク素材と高いコンボ性能から登場以降、【シンクロ召喚】はもちろん、それ以外の非常に多くのデッキで採用されており、レアリティも相まって高価格で取引されている。
    灰流うらら》等、汎用性が高い手札誘発効果持ちチューナーがリクルート先に含まれているのも採用率を後押ししている。
    特に新マスタールール施行後肩身が狭くなっていたシンクロチューナーは、このカードの登場によりその価値を大きく引き上げられた。
    • その汎用性の高さ故か、2019/01/01には制限カードへと指定されてしまい、シンクロ召喚を使う大多数のデッキがとばっちりを受ける形になってしまった。
  • 【クリストロン】は元々シンクロモンスター同士を素材にシンクロ召喚を行う所謂「アクセルシンクロ」を得意とするデッキだった。
    しかし新マスタールールによりシンクロモンスターを複数並べる事が難しくなったため、それを受けての強化なのだろう。
    (1)の効果で特殊召喚したクリストロンチューナーの効果で相手ターンにシンクロモンスターをメインモンスターゾーンに出し、(2)の効果で《水晶機巧−クオンダム》等を出せば容易にアクセルシンクロに繋げられる。
    • その一方、クリストロンの一員ではあるがクリストロン关联卡片はレベルを持つカードのみを指定するものが多く、それらとの連携は取りづらい。
      またクリストロン非チューナーの(1)の効果を使用するとデメリットによりこのカードはリンク召喚できない。
      ただし、《クリストロン・インパクト》は(2)の効果を再利用できるようになるので相性はよい。
  • イラストは《水晶機巧−クオン》・《水晶機巧−シトリィ》・《水晶機巧−リオン》ら3体が合体したような姿となっており、攻撃力もそれぞれの合計値である。
    この3体はいずれもチューナーだが、このカード自体は(レベルを持たないリンクモンスターなので当たり前ではあるが)チューナーではなくなっている。
    • ちなみに、《サイコ・チューン》・《トルクチューン・ギア》などの効果でエクシーズモンスターなどのレベルを持たないモンスターをチューナー化する事は可能である。
      その場合も、このモンスターのリンク召喚の時チューナーとしてリンク素材に使用できる。
  • カード名は「玻璃」+「ファイバー(繊維)」と思われる。
    玻璃は無色透明な水晶のことを指す他、ガラスの別称でもあることから「ガラス繊維」の意味もあると思われる。

关联卡片

  • クリストロン
  • シンクロチューナー

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【シンクロ召喚】
    • 【クリストロン】

收录情况

  • LINK VRAINS PACK LVP1-JP091 Ultra,Secret

Tag: 《水晶機巧−ハリファイバー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 水属性 機械族 攻1500 クリストロン